高く家を売る!不動産の買取と仲介、どちらを選ぶべきか?|不動産売却コラム| | 横浜市の不動産売却、査定・買取なら(株)あおぞら不動産

TEL:045-548-5246
営業時間/9:30 ~ 18:30 定休日/水曜日
トップページ
不動産売却コラム
高く家を売る!不動産の買取と仲介、どちらを選ぶべきか?

高く家を売る!不動産の買取と仲介、どちらを選ぶべきか?

大切な不動産を売却する際、買取を選ぶか、仲介を選ぶか迷うことはありませんか?

この記事では、"不動産の業者買取"について詳しく解説し、どちらを選べばよいのか、また買取を成功させるポイントをお伝えします。

あなたが不動産売却を上手に進めるための情報が満載です。ぜひ参考にしてください。

不動産買取とは何か?




まず始めに、不動産買取について基本から理解を深めましょう。

不動産買取とは何か、そしてそれが仲介とどう違うのか、具体的な違いと特徴を明らかにします。

これを理解することで、あなた自身の売却状況に最適な選択が見えてきます。

不動産買取の基本理解


不動産買取とは、不動産会社が直接あなたの不動産を購入する方法を指します。

つまり、あなたが売主で、不動産会社が買主となるわけです。

これに対し、一般的な不動産の売却では仲介という形が多く取られます。

仲介とは、不動産会社が売主(あなた)と買主(第三者)との間で取引を斡旋する役割を果たすことを指します。

ここで重要なのは、買取と仲介では、不動産会社の役割とリスクが全く異なるという点です。

具体的な違いと特徴、利点や欠点については次の項で詳しく解説します。

不動産買取と仲介の違い


不動産買取と仲介の最大の違いは、リスクの所在と取引のスピードです。

まず、不動産買取では、買取を行う不動産会社が全てのリスクを負い、あなた自身が直接買主と対話することなく売却が可能です。

成約までが迅速で、周囲に知られずに売却することができるのが特徴です。

しかし、その反面、買取価格は市場価格より安くなる傾向にあります。

一方、不動産仲介では、不動産会社は売主と買主の間で取引を斡旋し、成功報酬として仲介手数料を受け取る形になります。

ここでは、買主を見つけるまでに時間がかかる可能性がありますが、市場価格に近い価格で売却できる可能性が高いです。

それぞれの選択にはメリットとデメリットがあり、あなた自身の売却目的や期間、物件の特性により適した方法が異なります。

続けて、不動産買取の具体的な種類とそのメリット・デメリットについて解説していきましょう。

不動産買取の種類:即時買取と買取保証




不動産買取にはいくつかの種類がありますが、ここでは特に重要な「即時買取」と「買取保証」に焦点を当てて解説します。

それぞれどのような特性を持ち、どのようなメリット・デメリットがあるのかを理解することで、最適な買取形式を選ぶ一助となります。

即時買取のメリットとデメリット


即時買取とは、文字通り不動産会社があなたの不動産を即座に買い取る形態を指します。

この方式の最大のメリットは"スピード"で、早いものでは3日程度で買い取ってもらうことができます。

即時買取を選ぶことで、物件の売却を急ぐ必要がある場合や、スムーズに次の生活に移行したい場合に有利となります。

また、不動産会社が直接買主となるため、売却が成立するまでの手続きがシンプルであり、周囲に知られずに手続きを進められるというメリットもあります。

しかし、即時買取のデメリットとしては、不動産会社がリスクを負う分、買取価格が市場価格よりも1〜3割程安く設定されることが多いという点が挙げられます。

このため、最高価格での売却を希望する方にとっては不利となることもあります。

これらの特性を理解した上で、自身の状況やニーズに合わせて選択することが重要です。

次に、買取保証について詳しく見ていきましょう。

買取保証のメリットとデメリット


買取保証とは、不動産会社があなたの不動産の売却を保証するサービスを指します。

具体的には、仲介を目的とした販売活動を一定期間行い、その期間内に買主が見つからない場合、不動産会社が一定の価格で買い取ることを約束するものです。

この方式のメリットは、売却価格をある程度確保しながらも、市場価格に近い価格での売却を目指せる点です。

また、万が一一定期間内に買主が見つからない場合でも、あらかじめ決められた価格での売却が保証されるため、精神的な安心感が得られます。

しかし、デメリットとしては、即時買取に比べて売却までの期間が長くなる可能性がある点が挙げられます。

また、買取保証の価格は必ずしも市場価格と一致するわけではなく、場合によっては即時買取よりも低い価格に設定されることもあるため、その点は注意が必要です。

これらの特性を理解し、あなた自身の売却目的や期間、物件の特性に照らして、即時買取と買取保証、どちらが適しているかを考えてみましょう。

買取業者を選ぶポイント




不動産買取を選択した場合、成功を左右するのは業者選びです。

しかし、数多く存在する業者の中から適切な業者を選ぶのは難しく感じるかもしれません。

ここでは、買取業者選びのポイントについて具体的に解説します。

どの業者があなたの物件や条件に最も適しているのか、以下のポイントを参考に検討してみてください。

物件種別に強い業者を選ぶ


一つ目のポイントは「物件種別に強い業者を選ぶ」ことです。

全ての不動産業者が全ての物件種別に精通しているわけではありません。

例えば、ある業者は一戸建ての買取に強く、別の業者はマンションの買取に経験豊かであったりします。

そのため、あなたが売却を考えている物件種別に関して専門知識や経験が豊富で、適切な価格を提示できる業者を選ぶことが重要です。

具体的には、該当物件種別の価格動向や地域性を把握しているか、過去の買取実績が豊富かなどを確認しましょう。

物件種別に強い業者を選ぶことで、適正な価格での買取が期待でき、また、物件の特性を理解した上でのスムーズな取引が可能となります。

地元に実績のある業者を選ぶ


二つ目のポイントは「地元に実績のある業者を選ぶ」ことです。

不動産の価値はその立地によって大きく変動します。

そのため、地元の市場動向を理解し、地理や地域性を正確に把握している業者を選ぶことが重要となります。

地元に実績のある業者は、地域の特性や地価、近隣の物件価格などを詳細に把握しているため、より適正な価格での買取が期待できます。

また、地元に深く根ざしている業者は周辺住民とのコミュニケーションも円滑であり、売却にあたっての様々な手続きもスムーズに進めることが可能です。

売却を考えている物件の地域を知り尽くした業者を選ぶことで、地域特性を反映した適切な価格提示と安心感が得られるでしょう。

高額査定の業者を選ぶ


三つ目のポイントは「高額査定の業者を選ぶ」ことです。

自己の不動産を高く売却したいというのは、誰もが共通する思いでしょう。

そのため、同じ物件でも査定額に大きな差が出ることがあります。

ただし、必ずしも一番高い査定を提示した業者が最善とは限りません。

高額査定を出すことで依頼を引き寄せ、後から様々な理由をつけて査定額を下げる業者も存在します。

そのため、査定額だけでなく、その査定額がどのような根拠に基づいているのかを確認し、信頼性を判断することも重要です。

また、複数の業者から査定を受けることで、各業者がどのような価格を提示しているのか比較することも有効です。

それにより、適正な市場価格を見極めることができます。

高額査定の業者を選ぶ際には、信頼性と透明性も考慮に入れ、慎重な選択を心掛けましょう。

不動産買取が適しているケース




不動産買取は、一体どのような状況や条件下で最もその効果を発揮するのでしょうか。

自身の状況や売却目的、物件の特性によって、買取が適しているケースは変わってきます。

ここでは、具体的なシチュエーションを考えながら、不動産買取が特に適していると考えられるケースを探っていきましょう。

期限内に売却したい場合


まず、期限内に売却が必要な場合、不動産買取は非常に有効な選択となります。

例えば引越しや生活環境の変化、資金調達の必要性など、早期に不動産を手放す必要がある場合には、不動産買取はそのスピード感から大きなメリットを享受できます。

不動産買取は、不動産業者が即座に買主となるため、一般的な仲介と比較すると格段にスピーディーに売却手続きを進めることができます。

また、業者と直接取引を行うため、買主を見つけるまでの時間や、買主との交渉などが発生しない点もスムーズな取引を可能にします。

ただし、価格面では市場価格よりも安くなる可能性があるため、期限に余裕がある場合や最大限の利益を追求したい場合は、仲介による売却も検討すると良いでしょう。

自己資金を早期に確保したい場合


また、自己資金を早期に確保したい場合も、不動産買取が適しています。

新たな投資や生活費、急な出費など、早く現金化を必要とする状況では、不動産買取の迅速性が大きな利点となります。

不動産買取は、一般的な仲介方式に比べて手続きがシンプルでスピーディーであるため、契約から決済までの期間が短く、早期に資金を手にすることが可能です。

これにより、計画的な資金運用や予期せぬ出費への対応がスムーズに行えます。

これらのシチュエーションを考慮すると、自身の状況や目的、時間的な制約等によって、不動産買取が最適な選択となることがわかります。

ただし、前述しましたが買取価格が市場価格よりも安くなる可能性があることも念頭に入れておきましょう。

反対に、時間に余裕があり、より高い価格で売却を希望する場合は、仲介を選択することも検討しましょう。

不動産買取と仲介、どちらを選ぶべきか?




いよいよ、不動産買取と仲介、どちらを選ぶべきかについて具体的に考えていきましょう。

それぞれの特性やメリット、デメリットを理解した上で、あなた自身の状況や目的に最も適した方法を選ぶことが大切です。

ここでは、それぞれのケースごとに、どちらを選ぶべきか、その理由を解説します。

あなた自身の状況に照らし合わせながら、最適な選択を見つけてください。

仲介を選ぶべきケースとその理由


あなたが最大限の利益を追求したい場合や、時間に余裕がある場合には、仲介を選ぶべきでしょう。

仲介を選ぶ大きな理由は、市場価格に近い価格での売却が可能であることです。

仲介では、不動産会社が売主と買主の間で取引を斡旋し、複数の買主候補と競争させることで最適な価格を引き出すことが可能です。

これにより、物件のポテンシャルを最大限に引き出し、高価格での売却が期待できます。

また、時間に余裕がある場合は、適切な買主を見つけ、より高い価格を提示してもらう時間を確保できます。

これらの理由から、利益最大化を目指す場合や時間的な余裕がある場合には、仲介を選ぶことをお勧めします。

ただし、仲介手数料が発生することや時間がかかる可能性を理解した上で選択しましょう。

買取を選ぶべきケースとその理由


一方、買取を選ぶべきケースとしては、スピーディーに売却したい場合や、売却事実を周囲に知られたくない場合などがあります。

買取を選ぶ大きな理由は、不動産会社が直接買主となるため、成約までの時間が短縮され、迅速に売却を完了できることです。

また、買取業者と直接取引を行うため、売却事実が周囲に漏れる心配がほとんどありません。

これは、近隣住民に売却事実を知られたくない方や、個人情報を守りたい方にとって有利となります。

さらに、買取の場合、仲介手数料が発生せず、売却後のトラブルも少ないというメリットもあります。

これらの理由から、スピーディな売却を希望する方や、売却事実を秘密にしたい方は、買取を選択することをお勧めします。

ただし、買取は市場価格よりやや低くなることが多いため、最大の利益を追求したい場合は、仲介による売却を検討すると良いでしょう。

不動産買取Q&A




「不動産買取」についての理解が深まったところで、具体的な疑問点について解説します。

本章では、不動産売却を検討する際に最も多く寄せられる質問とその解答を紹介します。

これを読むことで、より具体的な売却シチュエーションへの理解が深まるでしょう。

費用負担について


不動産買取を検討する際、多くの人が気になるのが「費用負担」です。

一般的に、不動産買取の場合、売主が負担する費用は極めて少ないと言われています。

実際、仲介業者による売却では、広告費や仲介手数料などが発生しますが、買取業者による買取では、そのような費用は発生しません。

ただし、売却時には必ず売却益に応じた譲渡所得税や印紙税、登記に関る費用などが発生します。

これらは買取業者でも免除できるわけではないので、売却時にはそれらの費用を考慮に入れる必要があります。

また、査定額が最終的な売却価格とは限らないという点も覚えておくと良いでしょう。

たとえば、査定後に大きな欠陥が見つかった場合などは、その修理費用を差し引いた金額が実際の売却価格となります。

費用負担について確認する際は、これらの点をふまえて買取業者としっかりと話し合うことが大切です。

ローン残高がある場合の取り扱い


不動産買取におけるローン残高の取り扱いは、一般的に以下のような流れとなります。

 1.買取業者からの査定金額とローン残高を比較
 2.査定金額がローン残高を上回る場合、差額が売主の手取りとなる
 3.査定金額がローン残高を下回る場合、売主が差額を負担

たとえば、ある物件の査定金額が3000万円、ローン残高が2500万円だとすると、売主の手取りは500万円となります。しかし、逆に査定金額が2000万円でローン残高が2500万円の場合、売主は500万円を自己負担しなければなりません。

このため、不動産を売却する際には、ローン残高と査定金額のバランスを見極めることが重要です。

家具や家電の買取について


不動産買取と同時に家具や家電の買取を考えている方も多いでしょう。

しかし、一般的な不動産買取業者は、主に土地や建物の価値に注目し、家具や家電の価値を査定することは少ないです。

ただし、中には高級家具やブランド家電を含む全体の価値を評価し、それを買取価格に反映させる業者も存在します。

具体的には以下のような流れとなります。

 1.不動産買取業者に査定依頼
 2.家具や家電も査定対象として依頼
 3.全体の価値を評価した上で買取価格を提示

このような場合でも、家具や家電の価格が大きく跳ね上がることは少ないですが、買取を希望する場合は事前に業者に確認してみると良いでしょう。

まとめ


本記事では、不動産買取と仲介、それぞれの特性と選び方、そして買取業者を選ぶ際のポイントについて詳しく解説しました。

どちらを選ぶべきかは、売却したい不動産の状況や自身の売却目的によります。

一度に早く手元に資金を得たい方、売却の手間を省きたい方には買取が適しています。

一方、可能な限り高額で売却したいと考えている方、時間に余裕がある方は仲介を選ぶことでより良い結果を得られる可能性があります。

また、実際の買取業者を選ぶ際には、自身の物件種別に強い業者や地元に実績のある業者を選ぶことをおすすめします。

そして、費用負担やローン残高など、売却にあたって気になる疑問点や懸念事項は、早めに業者に相談し、すり合わせておくことが重要です。

不動産売却は大きな決断です。ここで得た知識を元に最適な選択を行い、スムーズで成功する売却を目指しましょう。
この記事を書いた人
(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩
担当者を詳しく見る

新着コラム