使いやすい飛沫防止パネルを自作するぞ!

こんにちは、

(株)あおぞら不動産 代表の高倉です。

 

当社は、新型コロナウィルス感染予防のために、接客テーブルに飛沫防止パネルを置こうと市販のパネルを購入を考えましたが、パネル下が狭く契約書などのA3サイズの書類の出し入れができず不便です。

 

接客テーブルにジャストサイズで使いやすい飛散防止パネルを自作で作ることにしました!

 

いつものホームセンターで材料の買出しです。

抗ウィルス・抗菌の透明ビニールクロスを発見!

フレームになる木材と塗料を購入。

今回もお手伝いさんがいます。

「ちょっかくにね!!」

今回は、以前から欲しかった、木材を直角に固定できる「コーナークランプ」を購入。

使って見ると、「固定が楽!」

どうしてもノコギリで木材切ると直角に切れないので、コーナークランプがあると直角に固定できるのが、その後の作業を楽にしてくれることを実感。

専用道具は、すごい!

 

木材を固定したまま、下穴、ビスが打ち込めて作業がはかどります。

まず下穴を開けます。

さらに皿ネジの頭部分を出っ張らないように、皿取錐(さらとりきり)という工具を使います。

これを使いネジが出っ張らないだけでも完成した時に美しくなります。 (^^)/

バッチリ!!(╹◡╹)

今回のペンキは浸透式。事務所に接客テーブルの色に近いメープル色にしました。

外で色塗り。

ココからの作業は、テーブルの方がはかどりそうなので事務所に移動。

 

両面テープで透明ビニールクロスを固定するため、

薄く、強力そうな、3Mをチョイス。さらに安い。

テーブルに乗せ両面テープを貼っていきます。

透明ビニールを乗せ。

透明ビニールを貼りながら、両面テープを剥がし、慎重に貼り付けます。

失敗が許されません。

ドキドキ~。

透明ビニールをパリッと張れました!

余分なビニールをカット!

フレーム下のこの高さがポイントです!!

高さを考え、8.5㎝に。

なぜなら、お客様に書類を見せながら、説明できるような高さになっています。

テーブル色に近く違和感がなくいい感じ!

イメージ通り完成(^^)/

アルコールスプレーもご用意していますので、ご安心してご来店ください!!

 

≪この記事を書いたのは≫

(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩