営業車まさかの雨漏り発生! 修理するぞ!!

こんにちは、

(株)あおぞら不動産 代表の高倉です。

 

営業車のフィットが「何だかカビ臭い」と感じ室内を調べていると

後部座席のマットが濡れている!

リアゲート内のトランク部分下にあるスペアタイヤを覗いてみると。

「ウギャー!!!」

水が溜まってる(>_<)

溜まった水がサビ色になってる。(T ^ T)

雑巾で水分を取り除きます。

ジャッキも雨水にずっと浸かっていたから錆が発生!

水がサビ色になっていたのを理解。

スペアタイヤを外すと、タイヤも少し錆びていたようです(>_<)

「雨の進入箇所は、どこだ?」

ネットでフィットの雨漏りについて調べてみると、リアゲート付け根部分からの雨の進入がウィークポイントとの事。

すでに修理している形跡があります。

赤丸部分がやっぱり怪しい。

トランク部分の内張りを剥がしてみましたが、どこから雨が進入しているか分かりません。

そこで散水ホースでリアゲートに大量の水をかけてみると….。

「雨漏りしてる!!!」

車体リアゲート付け根あたりから収入している様子。

まず古いコーキング材をカッターで削ります。

狭いところは、手元にあった彫刻刀でガリガリ。

ガリガリ削っていると新車時のコーキング材が出てきましたが、カサカサしていて水をはじかなそうです。

さらに削っていくと、ボディーの金属と金属との隙間を発見。

ここから水が入りそうです。(>_<)

リアゲート付け根部分から水が浸入して、ボディー中を通っていそうだと推測。

 

ホームセンターでコーキング材を購入。

材料を押し出すコーキングガンは購入せず手で押し出します。

集中していて、私の口が「ム」になってます。

マスキングテープを貼り、ヘラで整えます。

 

ここで乾燥タイム。

乾かしている間に、ジャッキのサビをスチールワイヤーで取り除きます。

そして錆止めスプレーを吹き付けます。

コーキング材が乾いた後に、もう一度、散水ホースで水を流しテストすると、

ピタッと止まっていました!!!

まだまだ初代フィットは、営業に走り回れそうです(╹◡╹)

 

≪この記事を書いたのは≫

(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩