(公社)神奈川県宅地建物取引業協会 委員会の仕事紹介

こんにちは、

(株)あおぞら不動産 代表の高倉です。

 

(株)あおぞら不動産は、

(公社)神奈川県宅地建物取引業協会の会員です。

日本全国に支部があり

当社は横浜中央支部(西区、中区)に所属しており

各委員会があり研修相談委員になりました。

 

最初は、何をしているのか分からずいましたが

他の委員も不動産会社の代表者などで

ほぼボランティアで協会のお手伝いをしています。

 

その中、私が委員として行っている一部をご紹介します。

 

◎支部の主催する講習会

年に2回、支部ごとに講習会が行われ

講習会は、宅建業法の改正、民法改正、税金改正など

不動産会社として知っておくべき内容がテーマになります。

 

今回は、インスペクションと実務研修について。

委員は、講習会の司会進行、準備などお手伝いをします。

 

今回は、「研修受講証」の印鑑を押し

受講資料を渡すお手伝い。

今回も横浜市西区紅葉坂にある

横浜市教育会館で受講ですがほぼ満員です。

皆さん、不動産屋さんです。(゜o゜)

 

◎会員の不動産屋さんに実務指導?

 

不動産会社は、

宅建業法と言う法律の中で仕事を行っています。

 

横浜市ですと神奈川県知事から免許証をもらいます。

(株)あおぞら不動産の免許証です。

↓↓↓

 

委員の他の仕事は、宅建業者として

必ず事務所に備えないとならない物があり

宅建業法で決められているので違反になってしまします。

 

 

・宅建業者票

・報酬の額

・従業者名簿

・不動産取引台帳など

 

そこで協会として会員さんの事務所に実務指導員として

実際に出向きチェックと改善をお願いします。

 

実務指導する前に研修も受けます。

 

◎指導員証

 

協会と神奈川県が実施する実務指導員として

協会と神奈川県知事の印鑑が押された

指導員証を胸にかかげ、いざ不動産会社へ!

 

 

 

実務指導に出向く不動産会社は、

厳しく指導されると思っているようで畏まっていますが

指導員も同じ不動産屋だと知らないからだと思います。

 

不動産屋が他の不動産屋に指導に行くので

不思議な体験でした

 

もちろん(株)あおぞら不動産も

きちんと準備、整備しておきました!

 

≪この記事を書いたのは≫

(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩