山林、斜面地が5倍で売れた! 相続人納得の売却

こんにちは、

(株)あおぞら不動産の高倉です。

 

山林、斜面地の売却事例

横浜市金沢区の480㎡ある山林、斜面地を4人で相続された樋口さん(仮名)は、樋口さんが代表者となって売却先を探したそうです。

 

敷地面積が480㎡の土地を相続したものの、平ら部分がまった無い山林、斜面地だったので造成が必要でした。

固定資産税ももったいないのと、近隣から落ち葉や、枯れ枝が落ちてくるとクレームが入っていたそうです。

そこで売却をしようと、まずは売却一括サイトを利用すると、すぐに電話連絡が何社からも入り驚いたそうですが、その後は全く連絡が入らなかったそうです。

 

そこで樋口さんは、地元の不動産会社を直接訪問。

やっと購入金額が出してもらいましたが、査定額600万円。

 

士業の方より樋口さんのご紹介

現地調査をすると。

横浜市金沢区、京浜急行線の最寄り駅より徒歩12分、第一種低層住居専用地域のため閑静な住宅地です。
道路面より一番高い部分で約6~7mもあり、見上げるような高さがある。

この山を切り崩す造成が必要ですが、車の進入はできるものの進入道が狭く大型重機・ダンプの侵入が厳しそう。

造成会社に木の伐採、土の搬出の見積をすると約6,000万円!!

ネットワークを駆使して、造成を得意としている会社に高い購入金額を出してもらえました。

購入金額は、3,000万円!!!

 

樋口さんがやっと見つけた会社が600万円でしたので、5倍の金額でした。

相続人全員納得され無事売却しました。

 

斜面地、山林を削り、4世帯の宅地になりました。

すぐに成約となった人気物件に変わりました!

担当者より。

不動産会社も得意としている分野少しづつ異なります。

また購入したいタイミングもあるので、どの会社に紹介するかで売却金額が異なります。

 

≪この記事を書いたのは≫

(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩