誰でもできる「DIY」を実践! 室外機のダクトホース延長

(株)あおぞら不動産の高倉です。

誰でもできる「DIY実践室」シリーズを始めることにしました。

 

プロの業者さんにお金を払ってやったもらうような大掛かりな工事ではなく、ここでは誰でもできるような、交換、修理を紹介していきます。

 

頭に巻いているのはハチマキではなく、ダクトホースです(^^)/

第1回目は、エアコン室外機のダクトホース延長です。

 

これをやろうと思った理由は、あおぞら不動産の事務所のバルコニーにエアコンの室外機があり、エアコンから出た水がダクトホースから排水されますが、このダクトホースが短い!

バルコニーに水が溜まり、コケが生えてきて汚い(>_<)

 

さらにバルコニーから事務所に入ると床が濡れる!

 

そこでダクトホースの延長を行います。

まずホースセンターで道具を購入。

・ダクトホース(50センチで切り売りできますが、2mにカットされていたものを購入)

・ジョイント (2種類購入してみました)

・ビニールテープ

元からあったダクトホースを蛇腹部分でカット。

生まれてダクトホースを初めて切りましたが、カッターで簡単にカットできます。

ハサミでも切れると思います。

そして、購入したジョイントにダクトホースを取り付けます。

差し込むと「カチッと」音がして、しっかり固定され気持ちいい!

左右、取り付ければ完成!!

ネットでホース延長を調べてみると、ビニールテープを貼るとあったので、ホースと同じ色でアイボリーを購入。

ジョイントにビニールテープを付けようと思いましたが、しっかりかみ合っているので、ビニールテープは付けないで水漏れテストしてみます。

完成後の写真です。

ダクトホースを延長したので、排水溝にキレイに流せるようになりました。(^_^)/

ジョイント部分の水漏れを数日観察しましたが、

「水漏れなし!!」

 

しばらくジョイント部分の様子を見て水が垂れてきたら、ビニールテープを取り付けようと思います。

 

どうですか?簡単そうですよね?

 

◎費用

・ダクトホース1m 109円(税込)(2mで218円)

・ジョイント 98円(税込)

合計207円(税込)でした。

 

もう1つ入口と出口で穴の計が違うジョイントを購入しましたが、今回使った小さく安いジョイントだとビニールテープも不要です。

 

残ったダクトホースとジョイントは、自宅で使おうと思います。

 

≪この記事を書いたのは≫

(株)あおぞら不動産 代表:高倉由浩